小島宏和さんが代表を務める東京住建とは?

ご自身でマイホームを購入しようと思った時に、多くの方がびっくりしてしまうのが選択肢の多さです。テレビコマーシャルで耳馴染みのある大手注文住宅メーカーはもちろん、長年、地元に密着した経営を行っている工務店など大小さまざまなお店がありますので迷ってしまう方も多いと思います。そこでこちらのページでは、マイホームを建てる時に依頼する会社の選び方と、東京で人気のある小島宏和さんが代表を務める東京住建についての情報をご紹介していきます。

■マイホームを依頼する会社を選ぶ前にしなければいけない事
マイホームを建てる際の会社を選ぶポイントとして挙げられるのが、最初に条件を設定した上でマッチングする会社を選ぶ方法です。例えば、ソーラーパネルを設置して売電したい人であったり、平屋を建てたい人、極小住宅を建てたい人などマイホームの理想は人の数だけあります。それと同じだけ住宅メーカーも得意としている分野と苦手としている分野があるのです。その為、まずは自分の理想のマイホームを想像した上でマッチングする会社を選ぶというのが重要になってきます。

次に重要なのが予算です。予算に合わせたマイホーム造りが重要になってきます。予算オーバーしてしまうと住宅ローンの金額が上がってしまいますので最初に無理のない金額を計算しておくことが重要になります。大まかにで構いませんので、しっかりと金額を算出し、それに合った住宅メーカーを絞り込む必要があります。

■マイホームを依頼する会社の選び方
マイホームを依頼する会社を選ぶ時には、その会社の信頼度を確認しましょう。過去の実績であったり、担当してくれたスタッフの方の応対、口コミサイトのレビューなどもチェックし、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。最初に相談をしに行った時に、しっかりと話を聞いてくれる業者であることも重要なポイントになります。

次に注意したい選定条件として、しっかりとこちらの意図をくんでくれる業者を選ぶという物があります。住宅メーカーの中には、こちらの話を聞いているフリをして、最終的に自分たちが得意なデザインであったり、もうけが出やすいデザインに誘導するような会社もあります。そういった会社は避け、自分の要望をしっかりと理解してくれるような会社を選ぶようにしましょう。

■小島宏和さんが代表を務める東京住建が人気の理由
信頼度が高く、コストパフォーマンスの高さから知名度が高いのが、東京の東久留米にある小島宏和さんが代表を務める東京住建という会社です。小島宏和さんが代表を務める東京住建のウリは何といっても購入者ファーストの営業スタイルです。購入者が安心して家を建てられるように地盤保証や瑕疵保証保険を10年間つけてくれています。

また、マイホームは建てて完成ではなく、住み続けることで完成していきます。住んでいる時に不具合が出ないように、定期的検診のサービスを行っていたり、主要な構造部分に不具合が生じた時には10年保証で修正してもらう事ができます。過去の注文住宅などは、ホームページで確認することができますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

株式会社東京住建のオープンイノベーション情報|eiicon