小島宏和氏の考えが反映されている東京住建

人生において大切な買い物は多々ありますが、その中でも一戸建て住宅は一生に一度の買い物だとよく言われています。そのため、多くの人が家づくりに関して初体験です。しかし、それだけに失敗が許されないという側面も持っています。そのため、信頼できる優秀な住宅会社を知っておくことによって、満足感のある一戸建て住宅を手に入れることが出来ます。

■プロセスを大切にする住宅会社
家づくりに対して必要なものは高い技術である。確かにそれは間違いないです。しかし、いくら高い技術を持っていた職人がいたとしても、そのユーザーの意見を聞かなければただの自己満足の家が出来上がり、満足感のある施工とは言えないものになります。そのような考えを持っている東京住建代表取締役社長の小島宏和氏は、家づくりにとって必要なものはプロセスであるという言葉を残してるのです。

そのため、東京住建では決してビジネスライクな付き合いをしないといいます。ユーザーのライフスタイルに合わせた家を作るようにヒアリングから慎重に意見を聞き入れ、それを最大限に生かすような設計や施工に着手するのです。また、建設が終わってからもアフターサービスも充実しているのです。このことから多くの人に信頼を得ています。

■今までのノウハウが蓄積したセミオーダーシステムの分譲住宅
小島宏和氏が社長を務める東京住建。こちらはジオ・ステージという分譲住宅の人気が高いです。その人気の秘密はセミオーダーシステムにあります。このシステムを使うことによって、分譲住宅でありながら暮らしやすい家を可能にすることが出来るのです。しかし、ジオ・ステージの魅力はこれだけではないと言います。それはいったいどのようなものなのでしょうか。

ジオ・ステージは住宅性能そのものにも注目が集まる分譲住宅です。通気性能や断熱性能、採光性能に防蟻性能など、家づくりには欠かすことの出来ない性能においても一級品だと言われることも多いです。このような性能は会社として一戸建て住宅づくりに取り組んできたノウハウは生かされています。

■トップの考え方によって磨かれるクオリティ
小島宏和氏は家づくりのポイントはずばり「プロセス」だという考えを持っています。そのため、東京住建で家を建てるときにはヒアリングなどに重きを置いて、徹底的にユーザーのニーズを叶えることを意識するのです。そうすることによって、会社主導ではない満足度の高い家づくりが出来ると小島宏和氏は考えています。

また、このような家づくりに関する情熱は分譲住宅で表れています。分譲住宅であるジオ・ステージはコストパフォーマンスが高いのにも関わらず、セミオーダーシステムでユーザーの暮らしやすさを実現します。また、今までのノウハウを生かすことによって、住宅そのものの性能も高いをいう評価を勝ち取っているのです。このように、社長の考えが商品へと繋がっているのが東京住建です。